広告 メニコン


コンタクトレンズの広告です。浅野温子(28歳)、W浅野の頃です。こういう広告のように右下に名前が出ていると、誰だろうって悩まなくて済みます。
スポンサーサイト

広告 シックスティレコード


早瀬優香子(22歳)という方は全く知らなかったのですが、WIKIに出てました。
コピーすると、以下のような。

子どもの頃児童劇団に入り、1979年、テレビドラマ『俺はあばれはっちゃく』で、主人公桜間長太郎のマドンナ、宮村ひとみ役を演じる。1985年、『早春物語』で本格的に女優として活動を始める。
1986年1月、シングル「サルトルで眠れない」、アルバム『躁鬱 SO・UTSU』でシックスティレコードより歌手としてデビュー。おニャン子クラブ等の作詞を手がけ、当時飛ぶ鳥を落とす売れっ子だった秋元康がプロデュースを手がけた。UAは、早瀬のファンだったという。デビュー当時はフレンチ・ポップス色の強い歌を歌っていたが、2ndアルバム『amino co de ji』以降は徐々にエスニックな方面に。自作で詞や曲も書いていた。
女優としてはテレビドラマ『赤ちゃんに乾杯!』『若奥さまは腕まくり!』『華の嵐』等に出演。また、主演した映画『キスより簡単』ではヌードを披露、原田芳雄、石渡譲等とベッドシーンを演じている。

ということなんだそうです。ただ90年代に入ると徐々にでなくなっていったようです。

記事 Martika


このMartikaさんはこの頃が一番のようで、あとは、しぼんじゃったようです。
左の小さな広告のユーセンのシンセサイザー・チャネルというのもすごいですね。

記事 Martika


マルティカ(20歳)最初知らないしと思ったんですが、某Wikiに出ているので一応。以下そのままコピー。
アメリカ合衆国のカリフォルニア州に生まれる。幼少期には子役として活躍。
その後、CBSレコードと契約を結び、正式デビュー前年の1987年にはソニーのカセットテープのCMソングとしてWe Are Music(マルティカ&ザ・ウィ・アーズ名義)が日本のみでリリースされている。
1988年、アルバム"Martika"のリリースにより正式に歌手デビューし、デビュー・シングルのMore Than You Know(邦題“ときめきヴァージン・ラヴ”)が全米チャート最高18位を記録する。翌年にはToy Soldiers(邦題“おもちゃの兵隊”)が全米チャート1位になるが、もう一曲キャロル・キングのI Feel The Earth Move(邦題“空が落ちてくる”)のカヴァーで最高25位をヒットしただけで、1991年にリリースしたプリンスとの共作の2枚目のアルバム"martika's kitchen"がヒットせず、目立った活動をしなくなった。日本では、Toy Soldiersを日本語でカバーするなど、第1次女性ティーンエイジ・アイドル・ブームの火付け役となったティファニー、デビー・ギブソンと共に人気が高かった。
なんですって。

広告 CBSソニー


中山忍(15歳)は4枚目のシングル。田山真美子(14歳)は初めてのシングル。この二人と河田純子でこの年のクリスマスに楽天使というユニットがあったそうですが、それは知りません。

広告 カナディアンクラブ


カナディアンクラブの広告です。これは今もサントリーの取り扱いですね。現在の価格は、サントリーのサイトですと希望小売価格が1390円。安くなってます。カナディアンクラブはCCジンジャーというカナディアンクラブをカナダドライジンジャエール(普通のジンジャエールでもいいのですが)で割るというのが、なんかかっこいい飲み方だなって、学生の頃に思った記憶があります。(今だにやっていないのは単にウイスキーを飲まないからなんですが)

広告 いすゞ自動車


この広告2ページ見開きで、こちらにオペル発見とありますから、この頃から輸入を始めたんですね。でもオペルって発見したかなぁ、目立たない車ですが。

広告 いすゞ自動車


いすゞがオペルを輸入していたころです。一応ドイツ車です。僕はレンタカーで一度乗ったことがあります。あまりドイツ車という感じではなかったかな。

グラビア 羽田美智子


ということで、見開きの左部分です。頭の中でくっつけてください。左広告にはニッカの今は売っていないウイスキーの広告が。1989年7月発売で、1994年販売終了だそうです。でもネットではまだ売っていたり、置いてあったりするところがあるんですね。

グラビア 羽田美智子


羽田美智子(21歳)、この日本旅行のキャンペーンガールがデビューだそうです。茨城県常総市出身。数年前鬼怒川の堤防が決壊して大騒ぎをしたところですね。なんだか左の方は刺激的な感じですが、明日もう半分を出しますので。

グラビア 森本蘭


この方はあまり活躍がないようですが、父親の方は、Wikiにもでているという結構珍しいパターン。

グラビア 森本蘭


森本蘭(21歳)ユニチカ水着キャンペーンガール、このユニチカの歴代というのはユニチカのホームページ(http://www.unitika.co.jp/amuse/history/index.html)にあるんですね。初めて今回拝見しました。父親は森本葵(まもる)という方だそうです。

グラビア 荒井乃梨子


2ページ見開きです。プロフィールに日本ビクターS-VHSイメージビデオ出演というのがありますね。

グラビア 荒井乃梨子


荒井乃梨子(18歳)ANAのキャンペーンガールとしてその後にタレント活動。一時休止していたが、2014年から活動再開だそうです。
もちろん存じておりませんが。

広告 ホンダ


ホンダのスクーターの広告。アロハの中に出てますが、こういうの。自分が乗らないので、全くわからない世界です。

表紙 鈴木保奈美


1989年8月15日号の表紙は鈴木保奈美(23歳)。まだ東京ラブストーリに出る前です。この時代の特徴ですが、眉が濃く太い。

広告 トヨタ


この号最後のページの広告です。MR2ですね。ここで、初代をモデルチェンジした2代目です。いかにもスポーツカーという感じです。またこの頃はスポーツカーが増えてきています。やっぱ団塊の世代向けですかね。

広告 大塚製薬


宮沢りえ(16歳)ポカリスエット広告の冬のバージョン(だと思う)

広告 富士通テン


富士通テンのカーオーディオの広告。使っているタレントさんは不明です。昔からカーラジオなどでテンという名前で有名なところ。今後は、デンソウの子会社になるという話もあります。自動運転に向けて、カーナビのノウハウは貴重なようで。

広告 パイオニア


やっぱバブルの影響なんでしょうか、使っている車がフェラーリですね。フェラーリで音楽を聴くにはエンジン音がうるさすぎるような気もします。というかラジオとかついているのかな、乗ったこともないので不明です。

グラビア 西村知美


この3枚で終了です。パジャマグラビアでした。

グラビア 西村知美


この頃から以前だったら隠していた天然というのが表に出てきたタレントさんの一人では。

グラビア 西村知美


西村知美(18歳)山口県宇部市出身。84年からこの仕事なので、5年のキャリアの時です。シングルも15枚出している時期のものです。現在もあまり変わらない方ですね。

記事 ボビー・コールドウエル


昨日の続きです。左にソルマックの広告が出てます。渡辺文雄(60歳)さんが三波伸介さん急死の後を引き継いでこの広告を始めたのが1982年だそうです。1993年まで続けていたそうです。と表題に関係のないことばかり。

記事 ボビー・コールドウエル


ボビー・コールドウエル(38歳)全く知らなかったので、コピペ。アメリカのミュージシャン。
1970年代から1980年代にかけて流行したAORサウンドを代表するシンガーの一人。
ニューヨーク・マンハッタン生まれ。1978年のデビュー曲「風のシルエット(What You Won't Do for Love)」がヒット。
僕と同じ年同じ月の生まれです。

記事 甲斐よしひろ


かなり突っ張ったテンションの高い歌手なんですね。

記事 甲斐よしひろ


甲斐よしひろ(36歳)ソロ活動時代の記事です。1989年年末にかけて武道館公演を控えた時期に出たものです。明日に続きます。

記事 高級時計


右上はオメガですね。15万円、今はなきカメラのさくらや。左はダンヒル。こちらは19万円。この形は一時よく見ました。右下はスポーツカーのブガッティの名前の時計、18万円です。

記事 高級時計


左上はグランドセイコー355,000円、右は1960年ユニバーサル320,000円。左下はデザイナー時計です、アラン・シルベスタインで180,000円。

記事 高級時計


これも骨とう品的な時計ですね。僕はこういうのは知識がないので、良い物かどうかも不明ですが。これは250,000円なので、昨日よりも安いなってそういう基準しかなくて、すみません。
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
1951年生まれ昭和40年代(1965年から74年)はちょうど中学から大学生。平凡パンチ、プレイボーイは中学のときに創刊されました。中学64年から66年、高校67年から70年、大学は71年から74年。なぜか大学に行くまで1年飛んでますが。飛び級か、もしかして。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Counter