広告 三菱電機


カーステレオです。それも8トラックのもの。僕は使ったことがないですが、もうこういうのでテープ聴いている方、8トラックカセットは馬鹿デカいので、座がにテープで一杯というのは見たことがあります。
スポンサーサイト

広告 東京宝映テレビ


前のテレビガイドにはよくこの手の広告がありましたが、平凡パンチも勘違いの若者が多かったのか、出ております。野中深美子という方は、ラジオ番組の欽どんという番組に出ていたようですが、詳細不明。東京宝映テレビというのは、現在新宿に移転して宝映テレビプロダウションという芸能プロ、タレント養成所だそうです。創立者は杉狂児という欽ちゃんの番組で異彩を放っていた方のようです。(今だとこの芸名はアウトかも)

広告 オンキョー


以前は、家具調ステレオでしたが、こっちらは、少しコンポ的になったステレオ。でも4チャンネル可能の可能って意味不明ですが。スピーカー4つあるのって邪魔なんですよね。日本の部屋ってそういう風にできていないので。よく見ると、後ろのスピーカーはオプションなんですね。だから可能なんですね。

広告 ファーマスレコードクラブ


オリジナルではなくて、当時のヒット曲を集めたものなんでしょうね。誰が買うんだろうと思いますが、まだカラオケが黎明期だとすると、これをバックに歌う人がいたのかな。この会社、軍歌全集とか出してヒットしたみたいです。


最初この写真見てなんだかわかんなくて、ようく見てもなんだか意図不明なんですが、どうも新聞に火をつけているような。それで気分を変えようなのかいな。久しぶりにtaka-Qを見て、まだあるのかなって検索したらちゃんとありました。ここと三峰が若い時の服をを買うお店だったような。どっちかというと三峰が多かったです。

広告 ミツワ石鹸


なんなんでしょうね、男のはだか雑誌かい。これは、○○族(某それ系の雑誌、もちろん今はないです、というか、中見たこともないんですが)かと思われる広告が続きます。順番を変えて受けを狙ってるわけではなくて、この順番で掲載されてます。
今ミツワ石鹸という会社はないんですね。ぼくなんかは、わわわ~わが三つのコマーシャルソングが耳についていまだにはなれないのですが、この段階の会社は1975年で倒産。業務を引き継いだ玉の肌石鹸の子会社としてやっていたのが、昨年2014年末で廃業だったそうです。

広告 オリエント


前までの広告と全く違う強烈なものですね。大体太陽のメキシカンというコピーがなんだかすごい。その上写真がなんか強烈。思いっきりもっこりとした雰囲気です。グラビアで男は出ないので、せめて広告は男のを出してというサービス精神でしょうか。

表紙


本日からは、平凡パンチの臨時増刊号。久しぶりにこのブログタイトルのようなもの。1973年7月20日号。でも実はこの本、このブログに載せるような写真がゼロに近い。というのは、すべてがおっぱいが出ているんです。これはポリシーに反するというか、そういうブログは世にたくさんありますので、こちらは健全路線で。表紙はアン・ルイス(17歳)、何しろ水着はこれだけという結構あの頃としても極端な編集でした。なお、アン・ルイスさんは引退をした様です。

広告 塩野義製薬


これがサンデー毎日の1971年3月の最後のページです。これで、昔の週刊誌は全部終わったので、明日からはマイナーチェンジというか、本来のタイトル風に。こちらは塩野義です。ポポン-Sは長いですね。こんなの飲むより酒でも飲んだ方がよっぽど効くと思うんですが、僕だけ?。

広告


こういう会社は消えているのかと思ったら、なんと今は東芝の事務機器販売会社として仙台を本社で営業してます。でも、名前が同じだけかもしれないですが。これはただの電卓ではなくて、記憶装置がついているんですね。といいながらこの当時の記憶装置って、、
なんでしょうね思いつかないですが。

広告 ナガサキヤ


カステラのコマーシャルに升田幸三(53歳)というのは大胆です。でも、53歳だったんですね、老けてるなぁ。湯呑はいいものですね、自分のかどうか不明ですが、京焼のかなり高いものです。

広告 ブラウン


なんとなく古い感じの髭剃りですが、今僕が使っているのと、形がそっくり。この頃としては高かったんでしょうね。

広告 セイコー


こういう時計、今でもありますね。というか、記念品として一定の人気があるのでは。あまり奇抜なデザインも好まれないでしょうから。ただ価格は、1000円を切るものからあるのは、そういう時代なんでしょうか。(この広告ページの端っこのものなので縦長です。)

広告 ソニー


ラジオですね。ラジオ兼スピーカーシステム。エレキギターにつながるというのは、今時では考えられないかも。あんなジャックつながったんだ。

広告 日本光学


ニコンFの一つ下のシリーズという認識ですが、こっちは、測光ができたんですね。要するに、光に応じて自動的に絞りを合わせてくれるタイプ、今では当たり前すぎるほど当たり前ですが。でも、これより高いニコンF には測光装置はなし。だからふつうこっちだと思いますが、人気は違ったですね、不思議なものです。まあ、写真を撮るというのはマニアが撮る時代だったというのもあるのでしょうが。

広告 ホンダ


横長の広告です。ホンダZですね。あの当時の軽では一番かっこいい車という感じでした。ちょっと見えにくいですが、ぎりぎり30万円台から40万円前半です。

広告 第一製薬


この製品自体知らないです。医薬品メーカって割といろいろと同じようなのを作りますが、こういうのだったら、バンドエイドで決まりでしょ。他に売ってても買わないだろうな、多分。

広告 いすず


ウワ、いすゞって、117クーペとかべレットとか個性的でかっこいい車作るのに、どうしてこういうのを作っちゃうんでしょうね。不思議な会社というか、乗用車から撤退するのが分かる車です。それにここ危なすぎますです。

広告 テイジン


この頃、こういうカラーシャツが出てきたんです。ピーコック革命とか言って。でも36歳のおじさんになったら、やっぱスーツはウールだと思うんだけれど。

広告 テイジン


これも2枚見開きの広告です。テトロンってポリエステルなんで、このスーツ、化学繊維でできてるといっているようなもんですが。ちなみにこの頃の社長はかの有名な大屋晋三。奥様は政子さんというこれまた有名な方。僕は一度飛行機で、政子さんに出会ったことがありましたが、ピンクの格好を見事に着こなされてました。(もう目立つ目立つ、というか、出会ったのに気づかない方がおかしい))

広告 ピエール・カルダン


1971年の流行りなんでしょう。襟が広くて大きいですね。シャツも大きい襟で、ネクタイが幅広っぽい。肩に大きめのパッド入れてますね。ズボンが少し広がっている(パンタロン風)のかな。この傾向は75、6年くらいまで続きます。僕が就職した時ってこんな格好でしたので。

広告 ピエール・カルダン


2ページ見開きの広告で、このページには、ひたすら扱っているお店の名前が出ております。ブランド品というものがライセンスで安く手に入るようになったさきがけのピエール・カルダンです。高島屋が大きく出てるのは、ここが開発したんだと思います。

広告 シャープ


シャープの電卓、液晶になるのはまだ先です。それどころか、一桁1万円。電池だとすぐに切れちゃうので、ACも使えるし、自動車からも使えます。太陽光はまだまだ先です。

広告 日産グロリア


日産グロリアの広告。まだセドリックとグロリアをエンブレムだけ変えて作っていたっ頃のハードトップのグロリアです。この車僕のおじさんが乗っていて、むちゃくちゃ車内が広かった覚えがあります。モデルは小川知子(22歳)、1971年ですから福沢幸雄がなくなったイメージがまだ残っていると思いますが、福沢さんはトヨタ所属だったのにと思います。

広告 日本航空


なんだか前の海外旅行って、日程が長いですね。ちなみにこれは世界一周です。こんな日程で世界一周はしたくないですが。着るものとか大変だろうな、毎日移動なんだろうし。値段が高いかどうかもわからないですが、昔のツアーって結構ホテルもいいところが多かったですね。ちなみにカローラクラスの車一台分くらいですね。

広告 千福


広島のお酒千福。酒王というのがすごいですが。特級酒のラベルが懐かしい。相良直美(26歳)、この頃ちょこちょこと出演されているようです。

広告 トヨタセリカ


トヨタセリカ、今見てもかっこいいです。僕が初めて乗った車というわけではなくて、やっぱ自動車の歴史に残るスタイルだと思います。ちなみに僕が初めて買ったのは1973年ですので、この広告から2年後の夏でした。ちなみにモデルさんはどなたか不明。

意地悪ばあさん


これサンデー毎日の1971年3月頃のものなので意地悪ばあさん連載中です。ある意味まめなおばあさんです。

広告 松下電工


こういうチャイムを居間や応接間、寝室に設置するという感性はいかがなものかと思いますが。

広告 資生堂


資生堂がステンレス替え刃を作ってたんですね。今はもうないですよね。左のは草刈正雄(18歳)ですかね。右の方は不明。
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
1951年生まれ昭和40年代(1965年から74年)はちょうど中学から大学生。平凡パンチ、プレイボーイは中学のときに創刊されました。中学64年から66年、高校67年から70年、大学は71年から74年。なぜか大学に行くまで1年飛んでますが。飛び級か、もしかして。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Counter