森田敏子

森田敏子
これが最後のページです。
スポンサーサイト

森田敏子

森田敏子
金メダルへのターンにも出演されていたようです。あるブログに次の記事がありましたので転載。
昭和47年5月(72年)の週間明星がありましたので記事を抜粋します。「もとNDT(日劇)のトップダンサーで人気スターだった森田敏子が、将来日舞安藤流分家の家元 になる池田二三夫氏との婚約を公けにした。2人の交際は4年ほど前からだが、4月15日、池田氏 が初リサイタルを開いたのを機に婚約した。池田氏は粋な三味線で高座の花だった故・柳家三亀松 師匠の次男、10歳ごろから日舞に精進していた。(以下略)」。 森田さんは25歳、池田さんは27歳で仲をとりもったのは元ジャニーズの飯野おさみさんだそうです。 また、森田さんは”一昨年夏、惜しまれながら引退。いまはCMで活躍中”とも書かれているので、 NDTをやめてすぐに「金メダルへのターン!」に出演されたようです。ということです。

森田敏子

森田敏子
当時、日劇ダンシングチームの中では人気のあった方らしいです。ハーフだったそうで、映画では、外国人の役を演じたようです。

森田敏子

森田敏子
映画「さらばモスクワ愚連隊」のプロモーショングラビアみたいです。1968年3月18日号平凡パンチ。映画が公開されたのは、3月の後半だったようですから。

森田敏子

森田敏子
森田敏子さん、日劇ダンシングチームに所属していた方の様です。ただ、生年などは不明。掲載は平凡パンチだと思います。68年ころ。ちょっと洋風な顔立ちですので、外国の方の血が入っているのかも。
プロフィール

ひろ

Author:ひろ
1951年生まれ昭和40年代(1965年から74年)はちょうど中学から大学生。平凡パンチ、プレイボーイは中学のときに創刊されました。中学64年から66年、高校67年から70年、大学は71年から74年。なぜか大学に行くまで1年飛んでますが。飛び級か、もしかして。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Counter